TOEIC 800点のすごさとは?データから考えるのすごさと対策方法について解説!

○ まえがき

ろこもこ

TOEIC 800点を取得できたけど、世間的にすごいスコアなのか

この疑問にデータと事実に基づいて解説していきます。

TOEIC960点ホルダーの私が、解説していきます。

この記事で分かること
  1. 世間的から見たTOEIC 800のすごさ
  2. TOEIC 800点を取得するメリット
  3. TOEIC 800点取得に向けた学習法の紹介

この記事を読めば、800点が世間的にすごいスコアなのかが分かり、既に持っている人は自信を持って自慢できるようになりますし、これから取得したい人は対策法が学べます。

この記事を読むメリット
  1. TOEIC 800のすごさが分かる
  2. まだスコアがない人は、メリットが知れるためモチベーションになる。
  3. TOEIC 800点はどうしたら到達できるのかがわかる!

○ TOEIC 800点って結局すごいスコアなの?

まずは、公開テストで800点をどのくらいの割合の人が取得しているかを見てみましょう。

出典「II-3. 公開テスト Totalスコア分布」『TOEIC Program DATA & ANALYSIS

上記の図から、たった上位10%しか800点に到達していないことがわかります。

TOEIC平均スコア分布はこちらからチェックできます。

TOEIC公式資料を参考にすると、年度関係なく社会人の平均スコアレベルは約600点程度となっています。このことから、TOEIC800点は受験者全体の中でも少なく、難易度は高いと言えそうです。

ろこもこ

TOEIC800点が取れていたら、周囲と圧倒的に差別化が測れそうですね。

転職や就職活動、試験のスコア換算などの際に大いに役立つ資格です。

実際にTOEIC受験者の中では、自慢できるすごいスコアということが分かりましたね!

次は取得難易度も見ていきましょう。

TOEIC 800点の難易度はどのくらい?

前の章でも説明しましたが、TOEIC800点の難易度は上位10%と非常に高く、英検の準1級レベルに相当すると言われています。

TOEIC 800点に必要な単語数は?

スコア別の必要単語数を比較してみます。

TOEIC600点と800点の単語数の違いを見ると3000単語程違うので、単語数だけ見てもかなり差があることがわかりますね。

TOEIC公式サイトが定義しているTOEIC800点の定義

公式サイトが定めている評価(ガイドライン)によると、TOEIC800点という点数は730点以上860点未満のBというレベルにあたります。レベルBの評価は下記のようになっております。

レベルB の評価
  • どんな状況でも適切なコミュニケーションができる基盤がある
  • 通常会話は完全に理解でき、レスポンスも迅速にできる
  • 話題が専門分野でも対応でき、業務も円滑に行える
  • 文法、構文上の誤りが少し見受けられるが、意思疎通は全く問題ない

ろこもこ

公式ガイドラインの評価からも、TOEIC 800点を取得していれば、自信を持って英語ができると言えそうですね。

TOEIC 800点を取得するのに必要な勉強時間は?

勉強時間も確認してみると驚きの結果が出ています。

600点から800点に上げるだけで、およそ900時間かかる見込みとなっております。

1日2時間勉強したと仮定しても、450日ですので1年以上かかってしまいます。

この結果からも一長一短ではTOEIC 800点は取得できないことが分かりますね。

○ TOEIC 800点、取得できたら何に生かせる?

TOEIC800点のレベルのすごさや難易度を紹介してきましたが、実際どんなシーンで活用できるのか見ていきましょう。

TOEICで800点を取得すると、編入試験で英語試験免除されたり、就職活動、キャリアアップのシーンで活用できるチャンスが広がります。TOEICは社会的にかなり知名度が高いので、TOEFLや英検によりも評価を受けやすいでしょう。

具体的に要約すると、下記のようになります。

TOEIC 800点が活用できるポイント

①. 編入試験、就職活動、キャリアアップで活用できる

②. ビジネスシーンで英語が活用できる

① 編入試験、就職活動、キャリアアップで活用できる

TOEICは認知度が高いことから、日本ではたくさんの企業や大学機関がそのスコアを参考にしています。一般的に社会で共通認識として持っているスコアの参考値は600点程度と言われています。

そのためTOEIC 800点を取得していれば、就職活動に大いに評価されるでしょう。

他にも、TOEICのスコアを昇進・昇格の条件にする会社も存在するので、キャリアアップにも欠かせない資格と言えそうです。

② ビジネスシーンで英語を活かせる

IIBCの英語活用実態調査を参考にすると、TOEIC 800点所持者は「通訳なしで海外出張にひとりでいける、海外赴任ができる」レベルと分かります。

特に、TOEICはビジネス英語に重点を置いて出題されることから、ビジネスシーンで使用できる英語の測定を目的としており、そのほとんどが仕事に関連する会話や電話の聞きとり、ビジネスレターの読解等担っております。

そのため、TOEIC 800点を取得している人は、ビジネスシーンにおいて「通常会話は完全に理解できる、業務上も大きな支障はない」ということを表しています。

○ TOEIC 800点取得のための勉強法

「TOEIC800点を取るための勉強法が分からない…」

「何をやっても、TOEIC700点台からなかなか点数が上がらないから不安」

ろこもこ

こんな悩みありませんか?

私もTOEICの点数を360点から960点まであげた経験があるので、その気持ちが痛いほど分かります。

TOEIC800点の壁を超えるための勉強法について解説していきますね

この記事で分かること
  1. TOEIC800点を超えるための勉強法
  2. TOEIC800点を獲得するための戦略
  3. TOEIC800点を取るために必要な知識・能力

実体験をもとに紹介してみたので、ぜひ最後まで読んでみてください!

TOEIC800点を取るには?2つの戦略を解説!

TOEIC 800点を取るために大事なこと2選
  1. TOEIC800点に必要とされる各チャプターの点数配分を把握する
  2. 弱点をしっかりと理解し、局所的に勉強していく

TOEIC800点に必要な点数配分を把握する

まず1つ目はTOEICの問題の傾向を知ることが大事になってきます。

問題傾向になれるだけで200点くらいは余裕で上がります。

そのため基本的なことですが、TOEIC試験の特徴についておさらいしていきましょう。

TOEICはリスニングパートとリーディングパートの2つがあり、問題数は以下のようになります。

TOEICの問題構成について
  • スニングパート=計100問 495点満点
  • リーディングパート=計100問 495点満点
ろこもこ

合計で990点ですね。そのため、TOEICで800点を取るためには、リスニング400点+リーディング400点を取る必要があります。

リスニング&リーディングそれぞれ約8割の80問計160問正解すれば、理論上はTOEIC800点が取得可能です。

それでは、具体的にTOEIC800点を達成するために各チャプターで何問取ればよいのかを算出したので、見ていきましょう。

リスニングパートリーディングパート
PART1 6/6問PART5 24/30問
PART2 20/25問PART6 12/16問
PART3 31/39問PART7 43/54問
PART4 24/30問

上記の得点率を目安に取ることができれば800点を達成することが可能できるはずです。

自分の弱点を把握し、勉強法を決めうちしていく

TOEIC向けの教材や勉強法は調べればたくさん出てきますよね。

ただ、闇雲に教科書を買いすぎたり、いろいろな教科書に手をつけて勉強していってもスコアは上がりません。

ろこもこ

最も大事なのは、自分の弱点を把握して改善するための勉強法を見つけることです。

TOEICにおいての自分の弱点を見つける方法については下記をご覧ください。

TOEICにおける苦手分野の見つけ方

TOEIC公式問題集を使って模試を1セット受ける。

② 各パートの正答率を確認する。

③ 正答率が悪いパートが自分の苦手分野



ろこもこ

正答率だけでなく、解いた肌感覚で下記のような課題も見えてくるはずです。

  • パート5,6を解くのに時間がかかる
  • パート7を最後まで解くことができない
  • パート2の間接応答が苦手
  • パート3,4の音声が詳細まで話を追えない

このように見つけた各パートに対する課題を一つ一つ潰して改善していくとスコアがグンと上がることでしょう。

○ まとめ

これまでTOEIC800点を達成するための勉強法について解説していきました。

もしこれまで紹介した勉強法を行っても結果が出ないと感じたら、英語の基礎の部分が足りていないかもしれません。

具体的にはこれらの基礎が足りていないことが考えられます。

不足していると考えられる能力
  • 単語力
  • 文法
  • 発音の理解

特に文法はリスニング・リーディングどちらにも点数アップに貢献します。

特に点数に結びつかない人は、文法をもう一度学んでみることをおすすめします。

また、TOEICは年々難しくなっている傾向があります。

その証拠にPART2の間接応答問題が増えてきているなど、その変化は如実です。

だからこそ、早めに目標とされるTOEIC800点を取りに行きましょう!

また、今TOEICスコア800点を目指している人は、スコアが中々伸びなくても絶対に取れない点数ではなく、しっかりと努力を積み重ねれば取れる点数と自分を信じて勉強に励みましょう。

ろこもこ

TOEICで800点を取得する凄さがこのブログで十分理解できたかと思います。周囲と比較して相対的に優れているため、根拠のある自信が身につきます。この自信は編入試験、就職活動、転職など様々なシーンに活躍するので、利益しかありません。今すぐにでもTOEIC対策を開始しましょう!

○ 絶対合格したい人へ

過去問、対策スケジュールはこちらから

編入試験で欲しい情報が全て分かる!合格を勝ち取った先輩たちはみんな読んでいる合格バイブルです。

編入試験は情報戦です。必ず読んでライバルと差をつけましょう!

まとめられている情報

・各大学、学部の勉強スケジュール

・過去問

・勉強方法

・合格後の進路

絶対に合格するための受講コース

ハナフィでは今まで多くの受験生をサポートしてきました。

このノウハウをギュッと詰め込んだコースをご用意しております 。

まずは無料相談から申し込みをしてみましょう!

入会者だけが得られる特典

・志望理由書添削 & 面接対策

・編入コミュニティへの参加

・オーダーメイドの学習計画の提供

・その人にあった併願校の提案

・勉強の進捗確認、定期テスト

・過去問の提供

○ 関連記事

このサイトをフォローする!

みんなとシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP