【合格への近道】編入試験合格を目指すならTOEICの点数が最重要!理由を徹底解説!

編入試験を受ける際、TOIECの点数が非常に重要です。

こちらの記事では、どうしてTOIECの点数が重要なのか、その理由と、取得しておきたい得点の目安について解説します。

ほとんどの大学がTOIECを重要視

多くの大学でTOEICは重要視されており、近年では「筆記試験の英語の結果よりも、TOIECの結果をチェックする」という学校が増えています

中にはTOEICを最重要視している大学もあり、TOEICの点数が一定に到達しているだけで編入試験を受けられるところもあるほどです。

以下がTOIECを最重要視しているメジャーな大学の一覧になります。

経済学部

  • 横浜国立大学経済学部
  • 埼玉大学経済学部
  • 和歌山大学経済学部
  • 愛媛大学人文社会学科
  • 静岡大学人文社会科学部
  • 滋賀大学経済学部
  • 長崎大学経済学部
  • 大阪大学経済学部
  • 東北大学経済学部
  • 名古屋大学経済学部
  • 神戸大学経営学部、経済学部

法学部

  • 神戸大学法学部
  • 金沢大学人間社会学域法学類

農学部

  • 宇都宮大学農学部
  • 新潟大学農学部
  • 静岡大学農学部
  • 金沢大学自然システム学類
  • 三重大学生物資源学部
  • 鳥取大学農学部生命環境農学科
  • 筑波大学生命環境学群
  • 広島大学生物生産学部
  • 東京農工大学農学部
  • 山形大学農学部
  • 茨城大学農学部

工学部

  • 千葉大学 工学部
  • お茶の水女子大学 理学部
  • 横浜国立大学 理工学部
  • 金沢大学 理工学域
  • 京都工芸繊維大学 工芸科学部
  • 広島大学 理学部
  • 広島大学 工学部
  • 九州工業大学 情報工学部
  • 東北大学工学部
  • 名古屋大学工学部
  • 名古屋大学 情報学部
  • 北海道大学工学部
  • 筑波大学 理工学群
  • 筑波大学 情報学群

その他地方国立大学多数!!

TOEICに切り替える大学増加中

最近は筆記試験だった学校もTOEICに変更しており、大阪大学経済学部がTOEICに変更なりました。

筆記の英語の問題って作問は、忙しい教授からすると結構手間ですし、採点する労力も掛かります。

この手間暇を省くために、TOEICに変更する大学が増えているようです。

また、京大法学部や経済学部のように筆記試験からTOEFLに変更した大学もあります。

何回もチャレンジ出来るのが魅力

筆記試験ではその時出来なかったら終わりですが、TOEICは何回もチャレンジができるので、反省しながら得点を上げられます。

一発勝負の記述試験は緊張や本番の問題の相性で失敗する可能性はありますが、TOEICはそれがないので安心です。

スコアは使い回しが可能

1回良い点数を取ればスコアを複数校で使い回せるのもTOEICの魅力です。

TOEICはモチベーションの維持に最適

編入試験は一般試験と違って、全受験生が受けるような模試がありません。

なので、自分がどれくらいの立ち位置にいるのかわかりにくく、ライバルが見えないのが難点です

TOEICの場合は毎回点数が公開されますので、モチベーションの維持につながります。

筆記英語の対策が不要

筆記の英語対策が非常に面倒で、大学によっては英作文が出題されたり傾向がバラバラなうえ、専門的な英単語がでることもあります。

過去問も手に入りにくく時間と労力がかかるのが難点です。

TOIEC判断の大学であれば、こうした面倒な対策を省略できるのもポイントです。

TOEICで高得点を取れば別の科目に集中できる

全ての科目の勉強の前にTOEICで良い点数を取れば、もう英語の勉強をする必要がないので、かなり気持ちに余裕ができます。

専門科目の勉強に集中できるので、自分のやりたいことに時間を使えます。

他と一番差をつけられる

経済学部と農学部の編入試験ではとくに、TOEICが他の受験生と最も差が付くと言っても過言ではありません。

専門科目は全員が得意分野なので差が付くことはない分、最終的にTOEICの点数で判断をされてしまい、TOEICの点数が弱い人が落ちてしまうケースがほとんどです。

そういう意味では専門科目は差を付けられない程度に勉強し、TOEICに時間を割くことを優先するべきでしょう。

 勉強方法が確立されていて楽

筆記の英語試験は勉強方法が曖昧ですが、TOEICの勉強方法は確立されています。

TOEICは参考書も充実しているので、対策がしやすいです。

TOEICの理想的なスコア

横浜国立大学の経済学部のように出願要件のみにTOEICを利用してる大学はありますが、ほとんどの大学はTOEICのスコアが高ければ高いほど有利です。

大体TOEICは理系で600点文系で700点が基準で、差をつけたいなら800点以上取得しておくことが理想でしょう。基準よりも低かったら非常に受かりにくくなります。

逆に800点以上TOEICのスコアがあり、きちんと併願している方であれば全落ちは滅多にありません。

また、700点でも地方国立大学を併願していれば全落ちすることはないでしょう。

このように、TOEICで編入の勝ち負けが決まると言っても過言ではないのが編入試験の現状です。

 TOEICは短期集中がベスト

編入試験の不合格の原因の9割はTOEICが原因であり、合格者の多くは短期集中で700点~900点を獲得しています。

早い時期に高得点を取れば、専門科目の勉強に全振りできるにも関わらず、TOEICの受験を後回しにしがちです。

そうならないためにも、TOEICはダラダラ勉強するのではなく、短期集中で勉強すべきでしょう。

ダラダラ勉強している方は途中で編入自体を諦める方が多いため、TOEICが大事と言うことを忘れずに勉強を進めることをおすすめします。

まずは公式問題集から

公式問題集は本番と全く同じ形式であり、作問者も同じなため、公式問題集以上に質が高い問題集や参考書は存在しません。

特にリスニングは本番とナレーターが同じなので徹底的に何回も聞くようにしましょう。

より勉強の理解度を高めるために、声に出してみたり・音声を書き起こしてみるのもおすすめです。

金のフレーズ

かなり知名度が高い単語帳。

こちらの本にはTOEICに出てくる独特な単語が網羅されているため、ぜひ使ってみてください。

この記事を読んでいるほとんどの方が「全く解けない=英語初心者」に当てはまると思いますが、問題ありません。なぜなら現状を知れば対策を練れるからです。そして英語初心者が取るべき対策や勉強方法については記事後半にて解説しています。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

文法について演習量が肝。解説が非常にわかりやすくスムーズに勉強を進められます。

大学受験の際に利用する「Next Stage」や「アップグレード」のような使い方がおすすめです。

英語苦手な人向け

編入試験を目指している方は、一般入試で落ちた方が多いかと思いますが、英語が苦手な方は編入試験では致命的です。

一般入試と同じ失敗を繰り返さないためにも、今までの勉強方法を見直すべきでしょう。

そこで、おすすめなのがスタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン を使用する方法。

担当コーチがあなたの学力にあったオリジナルの学習プランを作り、毎週の週課題が担当コーチからチャットで送られてきますので、プラン通りに勉強するだけでOK!

チャットや音声面談で相談ができるので、モチベーションの維持に最適です。

3か月~6ヶ月短期集中で250点アップをした方もいるほどの効果で、続々とスコアアップ報告が届いていると話題です。

初期の学習方針調整や中間地点の30分面談、週1回の10分面談で時間をかけての相談も可能。日々の学習状況を毎日担当コーチにチャットで報告し、アドバイスをもらえます。

 【大学生限定】まだの方はいますぐチェック!【本10%還元】

大学生限定のアマゾンのPrime Student

大学生限定で入れるアマゾンのPrime Studentを利用すると、本3冊以上同時購入で10%ポイント還元されてお得です。

学生である証明は、学籍番号及び学生用Eメールアドレスで可能です。

6か月無料→月額料金半額

また現在、Prime Studentは6か月無料です。

6か月過ぎても、学生の間は通常のプライム会員の半額の250円で利用できるので大変お得になっています。

不要であれば無料期間内の6か月以内に解約してもOKです。

機能は通常のプライム会員と同じ

Prime Studentに入ると、最短で届くお急ぎ便やPrime Videoも見れるためお得です。

注文の時にコード入力

注文の際にクーポンコード:『STUBOOK』を入力すれば、10%ポイント還元されます。

コード入力を忘れないようにしましょう。

このサイトをフォローする!

PAGE TOP