【参考書】2015年筑波大学 生物学類 編入合格者が使用した参考書を徹底解明!

○受験科目

生物、英語 (TOEIC 710点)

生物の参考書

Essential 細胞生物学

生物学類の試験は全て語句説明です。

過去に出題された問題の範囲を徹底的に読み込み、暗記ではなく理解することを目的にこの参考書のみを使用していました。

○TOEIC対策

・TOEIC 公式問題集

やはり公式の問題集が最も信頼できます。

とにかく解いて解いて解きまくる。

TOEIC L&R テスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問 [ TEX加藤 ]posted with カエレバ楽天市場で探すAmazonで探す価格.comで探す

文法問題がとにかく苦手だったので、こちらの参考書で勉強しました。

文法はパターンなので、とにかく数をこなすことが大切。

足りなければ、アルクなどが出している参考書を解いても良いでしょう。

○勉強時間

勉強時間は平日なら1日最低4時間勉強をしていました。

継続が何より大切なので、無理はしすぎないよう、アニメなども挟み勉強をしていました。

ろこもこ

この度はお忙しい中、インタビューへのご協力ありがとうございました!

○ 絶対合格したい人へ

過去問、対策スケジュールはこちらから

編入試験で欲しい情報が全て分かる!合格を勝ち取った先輩たちはみんな読んでいる合格バイブルです。

編入試験は情報戦です。必ず読んでライバルと差をつけましょう!

まとめられている情報

・各大学、学部の勉強スケジュール

・過去問

・勉強方法

・合格後の進路

絶対に合格するための受講コース

ハナフィでは今まで多くの受験生をサポートしてきました。

このノウハウをギュッと詰め込んだコースをご用意しております 。

まずは無料相談から申し込みをしてみましょう!

入会者だけが得られる特典

・志望理由書添削 & 面接対策

・編入コミュニティへの参加

・オーダーメイドの学習計画の提供

・その人にあった併願校の提案

・勉強の進捗確認、定期テスト

・過去問の提供

このサイトをフォローする!

みんなとシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP