【入試概要】令和4年度 北海道大学 法学部 編入試験について徹底調査!

令和5年度の募集要項は?

過去の傾向から、22年4月頃に更新されます。

募集要項が出てから対策では遅いので、出来るだけ早いうちから準備を進めておきましょう。

出願資格

3年次

次のいずれかに該当する者とする。
(1) 他の大学において2年以上在学(休学期間を除く)し,42 単位以上を修得した者又は外国において学校教育における 16 年の課程に 14 年以上在学し,所定の学修の成果を有する者及び令和4年3月までにこの要件を満たす見込みの者*
*要件を満たす見込みで受験した合格者が,要件を満たすことができなかった場合は,入学を取り消す。
(2) 他の大学に2年以上在学(休学期間を除く)し,所定の授業科目を履修し,42 単位以上修得した中途退学者又は外国において学校教育における 16 年の課程に 14 年以上在学し,所定の学修の成果を有する中途退学者
(3) 本学若しくは他の大学を卒業した者又は外国において学校教育における 16 年の課程を修了した者及び令和4年3月までに卒業(修了)見込みの者
(4) 大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された者及び令和4年3月までに授与される見込みの者
(5) 短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者又は外国において学校教育における 14 年の課程を修了した者及び令和4年3月までに卒業(修了)見込みの者
(6) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における 14 年の課程を修了した者及び令和4年3月までに修了見込みの者
(7) 専修学校の専門課程(修業年限が2年以上であることその他の文部科学大臣の定める基準を満たすものに限る。)を修了した者(学校教育法第 90 条第 1 項に規定する者に限る。)及び令和4年3月までに修了見込みの者
(8)高等学校(中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部を含む。)の専攻科の課程(修業年限が 2 年以上であることその他の文部科学大臣の定める基準を満たすものに限る。)を修了した者(学校教育法第 90 条第 1 項に規定する者に限る。)及び令和4年3月までに修了見込みの者

2年次

次のいずれかに該当する者とする。
(1) 他の大学において1年以上在学(休学期間を除く)し,32 単位以上を修得した者又は外国において学校教育における 16 年の課程に 13 年以上在学し,所定の学修の成果を有する者及び令和4年3月までにこの要件を満たす見込みの者*
*要件を満たす見込みで受験した合格者が,要件を満たすことができなかった場合は,入学を取り消す。
(2) 他の大学に1年以上在学(休学期間を除く)し,所定の授業科目を履修し,32 単位以上修得した中途退学者又は外国において学校教育における 16 年の課程に 13 年以上在学し,所定の学修の成果を有する中途退学者
(3) 本学若しくは他の大学を卒業した者又は外国において学校教育における 16 年の課程を修了した者及び令和4年3月までに卒業(修了)見込みの者
(4) 大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された者及び令和4年3月までに授与される見込みの者
(5) 短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者又は外国において学校教育における 14 年の課程を修了した者及び令和4年3月までに卒業(修了)見込みの者
(6) 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における 14 年の課程を修了した者及び令和4年3月までに修了見込みの者
(7) 専修学校の専門課程(修業年限が2年以上であることその他の文部科学大臣の定める基準を満たすものに限る。)を修了した者(学校教育法第 90 条第 1 項に規定する者に限る。)及び令和4年3月までに修了見込みの者
(8)高等学校(中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部を含む。)の専攻科の課程(修業年限が 2 年以上であることその他の文部科学大臣の定める基準を満たすものに限る。)を修了した者(学校教育法第 90 条第 1 項に規定する者に限る。)及び令和4年3月までに修了見込みの者

ろこもこ

長いですが、要するに大学生も高専生も受験可能です!

募集区分および人数

募集人数

法学課程 第3年次 10名
第2年次 10名

いっせい

それなりのボリュームで合格者を出すのでオススメです!

出願時期目安

令和3年 10 月4日(月)~令和3年 10 月6日(水)
注:必ず郵送とすること。〔10 月6日当日の消印有効〕

選抜方法

(1) 第3年次への編入学を希望する者には,専門科目(法学・政治学の基礎的問題)及び英語を課し,その試験結果及び出願書類の内容を総合して合格者を決定する。
(2) 第2年次への編入学を希望する者には,小論文及び英語を課し,その試験結果及び出願書類の内容を総合して合格者を決定する。
(3) 筆記試験については,各科目とも本学部が求める水準の得点を得ることを要する。
(4) 第3年次及び第2年次への編入学を併願する場合は,下表の科目を全て受けなければならない。
(5) 第3年次及び第2年次への編入学を併願した者で,両試験に合格した者は第3年次編入学合格者とする。

https://www.juris.hokudai.ac.jp/ug/wp-content/uploads/sites/2/2021/08/2587a08609805197a001300a5594b958.pdfより引用
ろこもこ

2年次編入のみ小論文が課されます。

通常の3年次編入は英語、専門科目の筆記試験です。

合格発表

令和3年 12 月3日(金)10:00(予定)
北海道大学法学部事務室前掲示板に掲示されます。

○詳しくは公式HPをチェック

https://www.juris.hokudai.ac.jp/ug/wp-content/uploads/sites/2/2021/08/2587a08609805197a001300a5594b958.pdf

○ 絶対合格したい人へ

過去問、対策スケジュールはこちらから

編入試験で欲しい情報が全て分かる!合格を勝ち取った先輩たちはみんな読んでいる合格バイブルです。

編入試験は情報戦です。必ず読んでライバルと差をつけましょう!

まとめられている情報

・各大学、学部の勉強スケジュール

・過去問

・勉強方法

・合格後の進路

絶対に合格するための受講コース

ハナフィでは今まで多くの受験生をサポートしてきました。

このノウハウをギュッと詰め込んだコースをご用意しております 。

まずは無料相談から申し込みをしてみましょう!

入会者だけが得られる特典

・志望理由書添削 & 面接対策

・編入コミュニティへの参加

・オーダーメイドの学習計画の提供

・その人にあった併願校の提案

・勉強の進捗確認、定期テスト

・過去問の提供

○ 関連記事を読む

このサイトをフォローする!

みんなとシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP